『ポリフェノールの効能や効果』 - 気になる食品の血糖値や含有量 -

ポリフェノールとは

ポリフェノールとはポリフェノールは、動物には存在しない、植物特有の生体成分で、フラボノール、イソフラボン、タンニン、カテキン、ケルセチン、アントシアニンなどの物質の総称です。


ポリフェノールとは、植物の樹皮や表皮、種子などに含まれる色素成分や苦味・渋味成分で、自然界には何千種類も存在すると言われています。


虫や小動物などによる攻撃や、光合成のプロセス、紫外線により生じる活性酸素から、植物自身が自らの生命を守るための生体防御物質です。


私たち人間のカラダの中でも、抗酸化作用(酸化によりもたらされる害を防ぐ働き)を有することが確認されています。


健康のために私たちはこれら植物のちからを、カラダの中にしっかり届くよう、できるだけ毎日摂っていきたいものです。


■ポリフェノールの働き

ポリフェノールの主な働きとしましては、コレステロールの酸化を抑制し、活性酸素の働きを抑えるという作用があります。


活性酸素は、私たちの体内において、その強い酸化力と殺菌力でばい菌やがん細胞などと戦う酸素のことで、必要に応じて体内にて生成されています。


ですが、ストレスや不規則な生活やタバコや紫外線などの影響を受けると必要以上に生成されてしまうのです。


必要以上に生成された活性酸素は、その強い酸化力と殺菌力によって体内の正常な細胞までをも傷つけてしまうのです。


ガンや動脈硬化などの病気の引き金にもなります。


ポリフェノールは、チョコレートやココア(カカオ豆)にも非常に多く含まれ、3000mg/100g を超える製菓ブランドもあります。


野菜や果物の総ポリフェノール量は平均で100g 当り50mg、緑茶(煎茶)では205mg/100ml 位が含まれています。


通称カカオポリフェノール(クロバミド類及びケルセチン類)、緑茶ポリフェノール(カテキン類)、ブドウポリフェノール(アントシアニン類)などと呼ばれる成分は、含有する食品の名前をそのまま付けた商品名であり、正式な名称ではありません。 


ポリフェノールの中でも最も一般的なフラボノイドの摂食量は、平均的な人で200-300 mg 、多い人で800-1000mgと言われ、血中への吸収率が高いことが特徴です。