『ポリフェノールの効能や効果』 - 気になる食品の血糖値や含有量 -

ポリフェノールとカカオ


■カカオポリフェノールの効能

ポリフェノールは赤ワインにも多く含まれていますが、チョコレートにも多量に含まれています。

●動脈硬化を防ぐ

カカオポリフェノールは、動脈の繊維にコレステロールがたまったり、LDL-コレステロールが酸化を受けて動脈硬化が進むのを防ぐことが、ラットや人によって確かめられています。


●がん予防に期待

がんの発生メカニズムにはまだ不明なところが多々残されていますが、まず変異原物質が細胞のDNAに突然変異を起こし、次いで促進物質がかん化した細胞を活性化することによってがんが発生すると考えられています。

しかし、試験管内に変異原物質と同時にカカオポリフェノールを加えたところ、細胞DNAの突然変異が抑制されることが確かめられました。


●ストレスに作用する

身体的にストレス状態にあるラットにカカオポリフェノールを与えたところ、ストレスにうまく適応することがわかりました。また心理的ストレスにたいしても抵抗力が強まることが確かめられました。


●アレルギーやリウマチにも効果

アトピーや花粉症などのアレルギーは現代病のひとつとして大きな問題になっていますが、マウスにカカオポリフェノールを与えたところ、アレルギーの原因となる活性酸素の過剰な働きが著しくおさえられました。さらにチョコレートを人に食べてもらったところ、おなじ効果がみられました。


●ココアは病原菌をおさえ、傷の治癒にも効果的

ココアは胃かいようや胃がんとの関連が深いピロリ菌や重い食中毒で知られる病原性大腸菌O-157が増えるのをおさえるなど、細菌の感染に効果があるほか、毎日ココアを飲んでいる重症患者さんには傷の治りが早くなることが確かめられています。