『ポリフェノールの効能や効果』 - 気になる食品の血糖値や含有量 -

トマト果皮ポリフェノール

最近のトマトに含まれる機能性成分の研究では、トマトの果皮に強い抗アレルギー活性があること、そして、その主要な有効成分がトマト特有のポリフェノール「ナリンゲニンカルコン」であることがわかってきました。


アレルギー反応にはヒスタミンが強く関与していますが、ナリンゲニンカルコンはヒスタミンが遊離するのを抑えることによってアレルギー反応を抑制すると考えられています。


ナリンゲニンカルコンは、ジュースやケチャップ等に使われている加工用トマトに多く含まれていますが、生食用トマトには通常ほとんど含まれていません。


■機能性は?

日本の代表的なアレルギーであるスギ花粉症の患者を対象とした臨床試験において、トマト果皮抽出物の効果を調べられました。


2002年、2003年に臨床試験を行い、いずれの試験においても自覚症状の改善が確認されました。


また、花粉症の重症度と相関があると言われている血清中ECP値(アレルギー症状が起きた時に増加する好酸球の活性化状態を示す値)が、トマト果皮抽出物の摂取により対照群と比較して低下すること、特に、軽度の花粉症患者で有効であることがわかりました。


なお、これら臨床試験において、トマト果皮抽出物の摂取による肝機能の異常や、眠気や喉の渇きなどの副作用を示す人は一人もおらず、安全性も確認されています。


さらに、トマト果皮抽出物の通年性アレルギー性鼻炎に対する効果について検討されました。


その結果、トマト果皮抽出物の摂取により、摂取前と比較して鼻症状のスコアが改善されており、トマト果皮抽出物は通年性アレルギーにも有効であることも示されています。


また、最近では動物を用いた喘息モデル試験において、ナリンゲニンカルコンが喘息症状を緩和する働きがあることが明らかかになってきました。